小さい事に気づいた時期は、大学生の頃、合宿で風呂に入ることになり友人の物をつい見てしまいました、やはり剥けていて自分はまだでしたので恥ずかしく隠して入りました。それともなしに数名の男子を見てみるとほとんどが剥けていて数名しか同じ人はいませんでした。やはり人と比べてみて初めて分かるものもあるということですね。

それから大きくするために対策を考えていきました。合宿が終わり、その日からどうにかしたいと思っていました、インターネットで調べて一時は手術まで考えたりもしました、しかし学生ですのでお金がなく自分でどうにかできないものか調べました。幸い仮性なので深刻ではなく自分出来ることからやろうと思って対応しました。

まずはなるべく剥けている状態を長く時間を増やしていきました、家にいる時などはどこにも行かないのでそのむいた状態を長く維持していました、外ではやはり擦れたりしていたいので止めましたが一日の時間で長く剥けるようにしておいた状態を作り出しました。

だんだん慣れていくのでそのころにはもう外でも活動しても平気になってきますね。

私の対策はうまくいったようです。剥けて出すことが出来ました、皮も戻らなくなりましたね。

お金をかけなくても無事に出来たのでよかったです、今すぐに出来るのではなく長い時間をかけて少し筒改善したほうがいいです、体に負担もかからなくまた手術などで傷跡が残るよりは安全ですから。